摂取する必要性が高い|エクオールで女性の悩みを解消|健やかな毎日の送り方
男女

エクオールで女性の悩みを解消|健やかな毎日の送り方

摂取する必要性が高い

女性

カルシウムが不足すると、胎児の骨の発育が悪くなってしまうのです。また、カルシウムは母乳が作られる過程でも使われるので、出産後に母乳育児をする予定の妊婦は、妊娠中から不足しないように心がけることが大事です。摂取は、食べ物からおこなうこともできますが、妊婦の場合つわりで食事がとれないことがあります。そのため水で飲むだけで済むサプリメントが便利です。だいたい1ヶ月分で1000円から2000円ほどで購入できるので、食べ物から摂取するよりもリーズナブルと言えます。

カルシウムは、男性の場合は1日に800mg前後、女性の場合は650mg前後の摂取が推奨されています。毎日それだけの量を摂取すれば、骨や歯などの健康状態を維持しやすくなるのです。そして妊婦の場合も、妊娠していない女性と同じく、1日に650mg前後の摂取が推奨されています。以前は厚生労働省は、妊婦に対しては普段より300mgほど多めに摂取することを勧めていました。しかし、妊婦になるとカルシウムの吸収率がアップするため、普段どおりの摂取量でも問題がないことが研究により判明しました。そのため現在では、摂取量を増やさなくても良いとされているのです。ただし妊婦の場合、カルシウム不足によるデメリットが多いため、普段以上に不足しないように気をつける必要があります。そして不足させることなく毎日適量を摂取し続けるためにも、サプリメントが便利なのです。